濡れ場・官能・ベッドシーン

テレビや映画で活躍している女優・アイドル・歌手のヌードシーン、絡みのある濡れ場シーンが見れる映画・Vシネなどを紹介しています!

失恋殺人 宮地真緒



失恋殺人
2010年 100分
監督:窪田将治
出演:宮地真緒、星野真里、大浦龍宇一、柳憂怜

江戸川乱歩原作「妻に失恋した男」をベースに、原作には登場しない明智小五郎とその妻・文代を登場させ、妻を愛するゆえ嫉妬に狂う男の周囲で起こる奇怪な事件を描く官能作品。NHK朝の連ドラ「まんてん」のヒロイン、そしてミュージカル「ピーターパン」の7代目ピーターパンである宮地真緒が、一糸もまとわぬ大胆な濡れ場に挑戦した話題作。

親の遺産により何不自由なく暮らす南田収一(柳憂怜)は、美しい妻・みや子(宮地真緒)に愛されていないのでは……と気に病み、夫妻のかかりつけの歯科医・琴浦(大浦龍宇一)に悩みを打ち明ける。話を聞いた琴浦は、明智小五郎探偵事務所にみや子の浮気調査を依頼。だが、調査を始めた明智の妻・文代(星野真里)は、3人の関係に違和感を覚える。やがて、事件は誰も想像しなかった衝撃の結末に……。

アダルト動画:宮地真緒
「失恋殺人」より

この映画でヌード&濡れ場を披露するのは、NHKの朝の連ドラ「まんてん」でヒロインの満天、ミュージカル「ピーターパン」の7代目ピーターパンが代表作の宮地真緒。かかりつけの歯科医である大浦龍宇一と、いきなり映画冒頭から診療椅子の上や診療室で、くんずほぐれつしながら絡み合います。スレンダーながら、出るところは出ている宮地真緒のカラダは良いですなぁ~。あんなに細いのに、こんなに良いおっぱいをしていたとは気付きませんでした(^^;。これを機に、もっと脱いで欲しい!!

しかし、濡れ場シーンの撮り方がヒド過ぎる! 全然、宮地真緒がキレイでも妖艶でも美しくも無い。宮地真緒という良い素材が本当にもったいない(;_;)。予算が無いのは映像を見れば一目でわかる。ならば、それを補うべく、撮り方や濡れ場の演出を工夫するのが当然では!? せっかく意を決してヌードになったのに、こんな作品では脱ぎ損だ。

またこの映画、ストーリーがつまらなく、内容も無さ過ぎ。キャラクターも掘り下げられてなく、全くもってどんなキャラクターかわからない。低予算のVシネマ以下の出来。宮地真緒のヌードというか濡れ場が無かったら、本当に見所の無い駄作だったはず。いや、宮地真緒の濡れ場があっても駄作だな、これは。

そうそう、星野真理はまったく、ちっとも、少しも脱ぎません。その代わり、コミカルで変な演技をしてます(笑)。ある意味、彼女も可哀想だな。というか、出演者全員が可哀想……。

 

極道の妻たち 最後の戦い 森永奈緒美・高樹陽子



極道の妻たち 最後の戦い
1990年 東映 116分
監督:山下耕作
出演:岩下志麻、かたせ梨乃、哀川翔、石田ゆり子、中尾彬、小林稔侍

跡目相続問題で2つに分裂した関西広域暴力団の抗争の前面に立つ極道の妻の姿を描く、家田荘子の同名小説の映画化第4弾にして、第1作で主演した岩下志麻の復帰作。

関西地区を治めていた広域暴力組織・中松組が跡目問題で分裂してから5年、中松組の勢力拡大により、枝分かれした川越会との均衡が崩れ始めた。病床の川越清市会長(須賀不二男)の元に集まり、対策を練る川越会幹部たち。その中に、服役中の瀬上組組長・瀬上雅之(小林稔侍)の妻・芙有(岩下志麻)の姿もあった。その頃、5年前の抗争で中松組の銃弾に倒れた夫の復讐に燃える伊勢夏見(かたせ梨乃)が、残った組員の根津豊(哀川翔)を連れて大阪へ来ていた。血気にはやる豊が勘違いから瀬上組に発砲したことがきっかけとなり、芙有と夏見は盃を交わすほどの固い友情に結ばれる。瀬上組の勢力拡大に協力する夏見。だが、川越会系組長・光石和義(品川隆二)の裏切りにより、夏見は光石を射殺してしまう。あらゆる方面から追われ、身を隠す夏見。そんな折、出所後に川越会を引き継いだ瀬上が、中松組との会合により川越会を解散してしまう。そして時を同じくして、身を隠していた夏見が中松組組長・田所亮次(中尾彬)を狙うも、逆に銃弾を浴びて息絶えてしまう。瀬上に失望した芙有は、若い衆の高木真一(緒形幹太)、高木照男(西村和彦)、豊を連れて組を去り、田所を射止めるのだった……。

この映画で濡れ場を披露するのは、小林稔侍とその愛人でホステス・柳井涼子役の26歳・森永奈緒美。そして、市場憲章役の津川雅彦とその愛人というか秘書(?)役、23歳の高樹陽子

小林稔侍と森永奈緒美の濡れ場ですが、騎乗位から正常位へと体位を変えたところで、小林稔侍の奥さん・岩下志麻が登場! なので、時間は短めで露出もそんなに多くなく、ちょっと物足りない。東映の特撮ヒーロー作品「宇宙刑事シャイダー」のヒロインであるアニーが、子供番組卒業後、東映のヤクザ映画でヌードになり、東映の特撮ヒーロードラマ「キャプテンウルトラ」のキケロ星人ジョーと濡れ場を披露するなんて、実に素晴らしい! そうそう、組長なのにヘタレっぷりさ全開の小林稔侍が良い味を出しています。森永奈緒美はヘアヌード写真集を何冊か出していますので、興味のある方は、ご覧になってください。
mori4 nao24

そして、愛人であり秘書(?)役でもある美女は、アダルトビデオ初期の頃に活躍し、にっかつロマンポルノにも出演した人気AV女優・高樹陽子。岩下志麻とSEXしたい津川雅彦が、「お芙有はん、お芙有はん!」と言いながら、南部武将役の磯部勉と電話での会話中、高樹陽子を突きまくります。あぁ、もっと出番が多かったら!! ちなみに津川雅彦はかたせ梨乃とも絡むのですが、かたせ梨乃は真っ赤な下着姿で濡れ場に移行する前に終了。何とも勿体無い……。

 

刺青 背負う女 井上美琴



刺青 背負う女
2009年 76分
監督:堀江慶
出演:井上美琴、波岡一喜、伊藤裕子、並樹史朗、兼崎健太郎

谷崎潤一郎の処女作「刺青」。これまで幾度も映画化されてきた「刺青」を、「ベロニカは死ぬことにした」の堀江慶監督がユニチカマスコットガール出身の井上美琴で映画化。家族や不倫相手との関係に悩む1人の女性が刺青を通して大胆に生まれ変わっていく姿を描く。

雑誌編集部員の佐倉真由美(井上美琴)の親は、連れ子同士の再婚。日々、血の繋がりの無い家族関係に悩み続けていた。そんな真由美が日本画展の取材に行くと、1人の女性が1枚の絵に見入っていた。学芸員によると、それは「魚濫観巫音(ぎょらんかんぜおん)」という鯉に乗った観音様の絵で、絵を見ていたのは刺青の彫師・矢野純子(伊藤裕子)だという。そんなある日、真由美が不倫相手と揉めていると、平田タケシ(波岡一喜)というチンピラに助けられる。借りを返す意味で一晩を過ごした真由美は、タケシの背中に伐折羅(ばさら)の刺青を見る。偶然にもそれは、純子の手によるものだった。後日、純子の計らいで再会した2人は付き合うようになる。そんな折、タケシが恩人と慕う兄貴分・冨田(並木史朗)が対立する組織に刺されてしまう。タケシは報復に成功するが、自身も銃撃を受け絶命する。愛するタケシを失った真由美は彼の魂を刻み付けるため、純子に「魚濫観巫音」を彫ってもらうのだった……。

真木よう子のオナニーシーンで話題になった「ベロニカは死ぬことにした」。その堀江慶監督が官能小説の大家・谷崎潤一郎の「刺青」を監督、ということで見てみたら、当然のごとくヌード&濡れ場がありました(^^)v。

見せてくれるのは、主人公の25歳・井上美琴。不倫相手、そして波岡一喜とのセックスシーンで濡れ場を、さらに刺青を彫るシーンでヌードになります。井上美琴は薄幸の美女にふさわしい顔立ちで、身体はスレンダー。おっぱいももちろん、ややスレンダー気味ですが、ピンクの乳首がキレイです。気になったのは、肉が付いていないお尻。スレンダーで良いスタイルなんですが、お尻の下半分だけやけにお肉が付いていないため、せっかく均整の取れたスタイルの良さが半減。細身が好きな方には堪らないお尻なのかもしれませんが、自分には魅力的なお尻には映りませんでしたな。

記事検索
ギャラリー
  • 紅蜘蛛女 坂上香織
  • 紅蜘蛛女 坂上香織
  • 極道の妻たち 最後の戦い 森永奈緒美・高樹陽子
  • 極道の妻たち 最後の戦い 森永奈緒美・高樹陽子
  • 蒲田行進曲 松坂慶子
  • 新・仁義の墓場 有森成実
QRコード
QRコード





  • ライブドアブログ