濡れ場・官能・ベッドシーン

テレビや映画で活躍している女優・アイドル・歌手のヌードシーン、絡みのある濡れ場シーンが見れる映画・Vシネなどを紹介しています!

蒲田行進曲 松坂慶子



蒲田行進曲
1982年 松竹株式会社 108分
監督:深作欣二
出演:松坂慶子、風間杜夫、平田満

映画の撮影所を舞台に、スターとその取り巻きである大部屋俳優の奇妙な関係、そしてその2人の間で揺れ動くかつての人気女優の姿を描く、第86回直木賞を受賞したつかこうへいの同名小説を深作欣二監督により映画化。脚本は原作者である、つかこうへい自身が執筆。

東映京都撮影所では、映画 「新撰組」の撮影真っ最中。主役の土方歳三を演じる“銀ちゃん”こと倉岡銀四郎(風間杜夫)は、敵役の坂本龍馬を演じる橘(原田大二郎)が自分より目立っているのが気に入らない。さらに、最大の見せ場である「池田屋の階段落ち」までもが、命の危険を伴う撮影のため中止になろうとしていた。そんなある日、大部屋俳優ヤス(平田満)のアパートに銀ちゃんが、彼の子供を身ごもった女優の小夏(松坂慶子)を連れて来る。スキャンダルを隠し、スターとして売り出すために身辺整理をしなくてはならないため、小夏と一緒になり、ヤスの子供として育ててくれと言うのだ。銀四郎の言いなりのヤスに心を開かない小夏だったが、やがてヤスの人柄に惹かれ、小夏はヤスと一緒になる。しかし、幸せな2人とは裏腹に、プライベートと仕事で行き詰まった銀四郎が失踪。必死になって銀四郎を見つけ出したヤスは、落胆しきっている銀四郎を励ますため、命にかかわる危険な「階段落ち」を志願するのだった……。

この映画で濡れ場&ヌードを披露するのは、日本を代表する実力派人気女優の30歳・松坂慶子。平田満のボロアパートで風間杜夫がスキャンダル隠しに松坂慶子を押し付けるシーンで、2人が平田満の前でセックスを披露! 松坂慶子のおっぱいは美乳といえる形ではありませんが、白くてキレイな肌を惜しげもなく晒す名美人女優・松坂慶子のヌードは見て損はありません!! スターの座にありながら作品のために脱ぐというのは、まさに女優の鑑! 実力の伴わない現在の人気女優も、女優とは何か、女優とはどうあるべきかを考えて欲しいものですな。そうそう、松坂慶子はヘアヌード写真集も出していましたな。
matu6

映画としては、日本アカデミー賞を始め、映画界の各賞を数多く受賞した大ヒット作で、風間杜夫、平田満を一気にメジャーに押し上げた作品なので面白くないわけがない! 笑いあり涙ありアクションありと、エンターテインメント性は抜群。濡れ場やヌードが無くても、非常に楽しめます。

この映画の豆知識は、名脇役として数多くの作品で活躍し た東映京都撮影所の大部屋悪役顔俳優・汐路章がヤスのモデルで、そんな汐路章も、大部屋俳優に仕事を差配する山田役で出演しています。また、松竹キネマ(現・松竹株式会社)蒲田撮影所の所歌である「蒲田行進曲」がタイトルであり主題歌でもある通り、元々は松竹の蒲田撮影所が舞台のお話。しかし、撮影は東映の京都撮影所なんですな。たまたま東映が断ったから松竹制作になりましたが、もし、東映が断らずに受けていたら、タイトルと主題歌は、一体どうなっていたんでしょう?

社葬 十朱幸代



社葬
1989年 東映 130分
監督:舛田利雄
出演:緒形拳、十朱幸代、若山富三郎、佐藤浩市

大手新聞社の社葬を背景に、陰謀・裏切りといった会長派・社長派による権力争いをシリアスかつコミカルに描いた秀作。

会長派と社長派が派閥争いを繰り広げている「太陽新聞」は、日本を代表する大手新聞社。高卒でありながら、その取締役販売局長である鷲尾平吉(緒形拳)は派閥を嫌い、取締役の中で1人だけ中立的立場の存在。そんな鷲尾だったが、高校からの友人で東大卒の社長派・徳永昭雄(江守徹)の計略に嵌り、赤坂の料亭「稲積」で岡部憲介社長(高松英郎)、谷政明専務(加藤武)と同席させられ、社長派に組み込まれてしまう。そんなことがあってすぐの定例役員会で、緊急議題として太田垣一男会長(若山富三郎)の代表権と名誉会長職の解任が提出される。鷲尾は社長、会長ともに恩があるため棄権するが、鷲尾の棄権により賛成が過半数を超え議題は可決されてしまう。ショックによる心筋梗塞で倒れ、病院にかつぎ込まれる太田垣会長。ところがその晩、岡部社長が料亭で芸者・金谷美津枝(井森美幸)相手に腹上死してしまう。倒れたものの持ち直した会長と亡くなった社長。社長派の劣勢は明らか。太田垣会長は病室に徳永を呼び、娘婿の添島隆治(中丸忠雄)の為替損と引き換えに徳永を社長にし、鷲尾の首を切る密約を交わす。徳永からの辞表提出を拒否した鷲尾は、社長の息子・岡部恭介(佐藤浩市)の情報を持って、恋人である稲積の女将・稲積吉乃(十朱幸代)の計らいで三友銀行の前頭取・野々村典正(芦田伸介)に会う。野々村の協力を得た鷲尾は会長に詰め寄り、新社長を岡部恭介に変更させ、自分の身を守ることに成功する。

この映画で濡れ場を披露するのは、緒形拳と47歳の十朱幸代。チャーミングな表情が可愛い熟女・十朱幸代が、逆光照明と緒形拳の指、そして布団で肌を隠していますが、チラッと、本当にチラッと、たわわなおっぱいを見せてくれます。2人のキスも可愛いし、十朱幸代が緒形拳の乳首を舐める様も可愛いです(*^^*)。2人のコンビといえば、「魚影の群れ」もありましたな。

また、肌の露出はありませんが、21歳の井森美幸が着物姿で濡れ場を演じ、高松英郎を腹上死させます。

映画としては少々小難しい内容で、ビジネスマン、しかも役職が上になればなるほど共感できるでしょう。また、70~80年代の「仁義なき戦い」といったヤクザ映画の組長クラスが取締役にキャスティングされ、凄まないで一流企業の重役を演じているため、なかなか面白い仕上がりになっています。他に、緒形拳の秘書を演じる藤真利子の酒に酔った演技も面白いですな(^^)。

この作品、どちらかといえばややコミカル寄りだったため、とことんシリアスにこだわった作りでも見てみたいものです。

 

真・女立喰師列伝 ひし美ゆり子



真・女立喰師列伝
2007年 123分
総監督:押井守
出演:ひし美ゆり子、水野美紀、安藤麻吹、藤田陽子、小倉優子、佐伯日菜子

立喰いによる無銭飲食を生業とする架空の仕事師 “立喰師”。「攻殻機動隊」「イノセンス」などで世界的クリエイターとして活躍する鬼才・押井守が生み出したこの立喰師というモチーフを基に、押井守と気鋭クリエイター4人が、美しき女立喰師たちを主役に多彩なスタイルで描く異色のオムニバス・ムービー。2006年に制作した「立喰師列伝」に続き、美しき女立喰師たちを主役にした実写映画。

・巧みな話術と背中の金魚の刺青を武器に、縁日の飴屋店主に賭けを挑んだ“伝説の女立喰師”「金魚姫 鼈甲飴の有理(ひし美ゆり子)」。
・美貌と華麗なガンさばきで男たちを圧倒し、“幻のバーボン”を求めてさすらう立呑師「荒野の二挺拳銃 バーボンのミキ(水野美紀)」。
・店長を務めるファミレスに大学の同級生で立喰師のマブが現れる。しかも彼女の行動には犯罪の匂いが感じられる「Dandelion 学食のマブ(安藤麻吹)」。
・唐黍畑にいる玖実は、通りかかる菓子業者の男たちを畑に誘っては、その商品を奪っていた「草間のささやき 氷苺の玖実(藤田陽子)」。
・1985年、無銭飲食の常習者として追われていたマミが原宿のクレープ屋に現れる「歌謡の天使 クレープのマミ(小倉優子)」。
・2052年、無数の巨大降下猟兵が、衛星軌道上の強襲揚陸艦から地球に向けて放たれた。その中の1機を操縦していた日菜子は地表に辿り着き、巨大生物兵器スナクジラを倒す「ASSAULT GIRL ケンタッキーの日菜子(佐伯日菜子)」。

「立喰師列伝」がつまらなかったので見る気は無かったのですが、ひし美ゆり子お姉さまの姿見たさに見たところ嬉しい悲鳴を上げたのが、この「真・女立喰師列伝」。押井守が原作・総監修を務めるオムニバス作品群の中で、なんと! 押井守監督「金魚姫 鼈甲飴の有理」で、「ウルトラセブン」の我らがアンヌ隊員こと、ひし美ゆり子お姉さまがヌードを披露していたとは!?

ひし美ゆり子演じる金魚の刺青を背負った女立喰師「鼈甲飴の有理」を追いかけるカメラマンがついに有理にたどり着き、背中にいる1匹、そして胸にいる1匹の金魚を撮影。逆光でひし美ゆり子お姉さまのキレイな顔、ヌードがなかなか拝みにくいですが、短い時間ながらきちんと見せてくれています。顔と胸を同じショット内に映り込ませていないので、身体の吹き替え? とも思えますが、自分にはひし美ゆり子さん本人のおっぱいに思えます。顔の左半分が髪の毛で隠れているのが残念ですが、年を重ねてもおキレイなひし美ゆり子お姉さまを、しかもヌードまで拝めて、自分は本当に満足です(^^)v。「金魚姫 鼈甲飴の有理」だけでも見る価値ありです!

    
記事検索
ギャラリー
  • 紅蜘蛛女 坂上香織
  • 紅蜘蛛女 坂上香織
  • 極道の妻たち 最後の戦い 森永奈緒美・高樹陽子
  • 極道の妻たち 最後の戦い 森永奈緒美・高樹陽子
  • 蒲田行進曲 松坂慶子
  • 新・仁義の墓場 有森成実
QRコード
QRコード





  • ライブドアブログ