濡れ場・官能・ベッドシーン

テレビや映画で活躍している女優・アイドル・歌手のヌードシーン、絡みのある濡れ場シーンが見れる映画・Vシネなどを紹介しています!

女優

極道の妻たち 最後の戦い 森永奈緒美・高樹陽子



極道の妻たち 最後の戦い
1990年 東映 116分
監督:山下耕作
出演:岩下志麻、かたせ梨乃、哀川翔、石田ゆり子、中尾彬、小林稔侍

跡目相続問題で2つに分裂した関西広域暴力団の抗争の前面に立つ極道の妻の姿を描く、家田荘子の同名小説の映画化第4弾にして、第1作で主演した岩下志麻の復帰作。

関西地区を治めていた広域暴力組織・中松組が跡目問題で分裂してから5年、中松組の勢力拡大により、枝分かれした川越会との均衡が崩れ始めた。病床の川越清市会長(須賀不二男)の元に集まり、対策を練る川越会幹部たち。その中に、服役中の瀬上組組長・瀬上雅之(小林稔侍)の妻・芙有(岩下志麻)の姿もあった。その頃、5年前の抗争で中松組の銃弾に倒れた夫の復讐に燃える伊勢夏見(かたせ梨乃)が、残った組員の根津豊(哀川翔)を連れて大阪へ来ていた。血気にはやる豊が勘違いから瀬上組に発砲したことがきっかけとなり、芙有と夏見は盃を交わすほどの固い友情に結ばれる。瀬上組の勢力拡大に協力する夏見。だが、川越会系組長・光石和義(品川隆二)の裏切りにより、夏見は光石を射殺してしまう。あらゆる方面から追われ、身を隠す夏見。そんな折、出所後に川越会を引き継いだ瀬上が、中松組との会合により川越会を解散してしまう。そして時を同じくして、身を隠していた夏見が中松組組長・田所亮次(中尾彬)を狙うも、逆に銃弾を浴びて息絶えてしまう。瀬上に失望した芙有は、若い衆の高木真一(緒形幹太)、高木照男(西村和彦)、豊を連れて組を去り、田所を射止めるのだった……。

この映画で濡れ場を披露するのは、小林稔侍とその愛人でホステス・柳井涼子役の26歳・森永奈緒美。そして、市場憲章役の津川雅彦とその愛人というか秘書(?)役、23歳の高樹陽子

小林稔侍と森永奈緒美の濡れ場ですが、騎乗位から正常位へと体位を変えたところで、小林稔侍の奥さん・岩下志麻が登場! なので、時間は短めで露出もそんなに多くなく、ちょっと物足りない。東映の特撮ヒーロー作品「宇宙刑事シャイダー」のヒロインであるアニーが、子供番組卒業後、東映のヤクザ映画でヌードになり、東映の特撮ヒーロードラマ「キャプテンウルトラ」のキケロ星人ジョーと濡れ場を披露するなんて、実に素晴らしい! そうそう、組長なのにヘタレっぷりさ全開の小林稔侍が良い味を出しています。森永奈緒美はヘアヌード写真集を何冊か出していますので、興味のある方は、ご覧になってください。
mori4 nao24

そして、愛人であり秘書(?)役でもある美女は、アダルトビデオ初期の頃に活躍し、にっかつロマンポルノにも出演した人気AV女優・高樹陽子。岩下志麻とSEXしたい津川雅彦が、「お芙有はん、お芙有はん!」と言いながら、南部武将役の磯部勉と電話での会話中、高樹陽子を突きまくります。あぁ、もっと出番が多かったら!! ちなみに津川雅彦はかたせ梨乃とも絡むのですが、かたせ梨乃は真っ赤な下着姿で濡れ場に移行する前に終了。何とも勿体無い……。

 

刺青 背負う女 井上美琴



刺青 背負う女
2009年 76分
監督:堀江慶
出演:井上美琴、波岡一喜、伊藤裕子、並樹史朗、兼崎健太郎

谷崎潤一郎の処女作「刺青」。これまで幾度も映画化されてきた「刺青」を、「ベロニカは死ぬことにした」の堀江慶監督がユニチカマスコットガール出身の井上美琴で映画化。家族や不倫相手との関係に悩む1人の女性が刺青を通して大胆に生まれ変わっていく姿を描く。

雑誌編集部員の佐倉真由美(井上美琴)の親は、連れ子同士の再婚。日々、血の繋がりの無い家族関係に悩み続けていた。そんな真由美が日本画展の取材に行くと、1人の女性が1枚の絵に見入っていた。学芸員によると、それは「魚濫観巫音(ぎょらんかんぜおん)」という鯉に乗った観音様の絵で、絵を見ていたのは刺青の彫師・矢野純子(伊藤裕子)だという。そんなある日、真由美が不倫相手と揉めていると、平田タケシ(波岡一喜)というチンピラに助けられる。借りを返す意味で一晩を過ごした真由美は、タケシの背中に伐折羅(ばさら)の刺青を見る。偶然にもそれは、純子の手によるものだった。後日、純子の計らいで再会した2人は付き合うようになる。そんな折、タケシが恩人と慕う兄貴分・冨田(並木史朗)が対立する組織に刺されてしまう。タケシは報復に成功するが、自身も銃撃を受け絶命する。愛するタケシを失った真由美は彼の魂を刻み付けるため、純子に「魚濫観巫音」を彫ってもらうのだった……。

真木よう子のオナニーシーンで話題になった「ベロニカは死ぬことにした」。その堀江慶監督が官能小説の大家・谷崎潤一郎の「刺青」を監督、ということで見てみたら、当然のごとくヌード&濡れ場がありました(^^)v。

見せてくれるのは、主人公の25歳・井上美琴。不倫相手、そして波岡一喜とのセックスシーンで濡れ場を、さらに刺青を彫るシーンでヌードになります。井上美琴は薄幸の美女にふさわしい顔立ちで、身体はスレンダー。おっぱいももちろん、ややスレンダー気味ですが、ピンクの乳首がキレイです。気になったのは、肉が付いていないお尻。スレンダーで良いスタイルなんですが、お尻の下半分だけやけにお肉が付いていないため、せっかく均整の取れたスタイルの良さが半減。細身が好きな方には堪らないお尻なのかもしれませんが、自分には魅力的なお尻には映りませんでしたな。

初恋 小嶺麗奈



初恋
2006年 ギャガ・コミュニケーションズ 114分
監督:塙幸成
出演:宮崎あおい、小出恵介、宮崎将、小嶺麗奈

日本犯罪史上最大の未解決事件「府中三億円強奪事件」。その実行犯は女子高生だった「私だと思う」という、著者と同姓同名の中原みすず原作の切ない青春ドラマ「初恋」を映画化した作品。

高校生のみすず(宮崎あおい)は、幼い頃に母親が兄を連れていなくなって以来、孤独だった。学校でも浮いた存在で、家に帰っては引き取られた叔母家族と深い溝がある。ある放課後、突然、兄が現れ、「何かあったらここに来い」とマッチを手渡す。そのマッチを頼りに、みすずは新宿の繁華街にある「ジャズ喫茶B」に足を踏み入れる。店には、女にもてて人望も厚い兄の亮(宮崎将)、亮を慕うアングラ劇団の看板女優ユカ(小嶺麗奈)、作家志望でデモに参加している浪人生のタケシ(柄本佑)、ケンカっぱやい肉体派のテツ(青木崇高)、お調子者でムードメーカーのヤス(松浦佑也)、そして、他とは違う雰囲気の東大生の岸(小出恵介)がいた。彼らとの出会いにより、みすずの生活は少しずつ変化していく。そんなある日、みすずは岸から驚くべき相談を持ちかけられる。それは、国家権力に知力で挑戦し、現金輸送車から3億円を強奪する計画だった……。

この作品でヌードを披露するのは、「3年B組金八先生」第4シーズンの生徒役・広島美香で有名な女優、26歳・小嶺麗奈。宮崎将との情事後、ちょっとした会話のやり取りをするシーンで、ショーツ1枚の上半身ヌード姿を大胆に披露してくれます。気になるおっぱいは、スレンダーな身体同様、ややスレンダー気味です。

映画としては、ハッキリ言ってつまらないですな。これといった見せ場が無い上に、何よりキャラクターが描ききれていない。昭和40年代もうまく表現できていないし、3億円を強奪するところも緊張感が無く……。原作もこの程度なのでしょうか?

豆知識としては、主演を務める宮崎あおいが原作を読み、10代最後に出演を切望したこと。そして、亮・みすずの兄妹を演じたのが、実の兄妹である宮崎将・宮崎あおいということ。

真木栗ノ穴 佐久間麻由



真木栗ノ穴
2007年 110分
監督:深川栄洋
出演:西島秀俊、粟田麗 、木下あゆ美

女性が住む隣室を覗いたことで、その女性の虜になっていく小説家を描く、山本亜紀子の異色小説「穴」。その原作を「狼少女」の深川栄洋が映画化したファンタジー・ホラー。

鎌倉の古い木造アパートに住む真木栗勉(西島秀俊)は売れない作家。週刊誌の編集者・森本飽夫(利重剛)に官能小説の執筆を依頼されて受けるが、真木栗は官能小説など書いたことが無い。時間だけが過ぎていく中、部屋にある穴から隣室を覗き、それをヒントに小説を書き始める。穴は2つあり、ちょうど両隣が覗けるようになっている。しかし、1つには佐々木譲二(北村有起哉)が住んでいるが、もう1つは誰も住んでいない。その空室へ、数日前にアパートを見上げ、小説のモデルにした女・水野佐緒里(粟田麗)が引っ越して来た。真木栗は両隣の穴を覗き、執筆に励む。ある日、宅配業者が佐緒里を襲う話を書き終えた真木栗が穴を覗くと、宅配業者が佐緒里の部屋に入り込み、自分の書いた通りになってしまう。その後も小説通りのことが起き、不安を感じる真木栗は日に日にやつれ、頭痛も酷くなっていく。そんな時、担当編集者の浅香成美(木下あゆ美)に渡された掲載誌に、佐緒里が夫に殺され、その夫は目下、行方不明中である記事を見つける……。

このホラー映画でヌード&濡れ場を披露するのは、22歳の佐久間麻由。隣の部屋の北村有起哉の彼女役で、1回目はキス、2回目はセックス、3回目はSMを披露し、2回目のセックスシーンでヌード&絡みを見せてくれます。騎乗位で腰をグイグイ動かし、おっぱいが揺れる様を穴から覗くというシチュエーションは、なんとも言えませんな(*^^*)。

また、46歳のキムラ緑子もヌードを披露! キムラ緑子は、2010年に解散した「劇団M.O.P.」の看板女優。自分としては吉永小百合主演「おとうと」で、笑福亭鶴瓶の彼女役が印象的でしたな。そんな彼女が中華食堂のパートで西島秀俊を自分の部屋に連れ込み、その間、恋人が西島秀俊の部屋を荒らすという沖本シズエ役を演じ、無理矢理、一緒にお風呂に入ります。その時にヌードを。といってもお尻だけで、胸は手で隠して見えませんが(^^;。

ちなみに、ヒロインを演じる33歳・粟田麗にソフトな濡れ場シーンはありますが、肌は一切露出していません(;_;)。また、もちろん、「特捜戦隊デカレンジャー」のデカイエロー&「怨み屋本舗」の怨み屋こと木下あゆ美も脱ぎません。

   

嗤う伊右衛門 松尾玲央(不二子)



嗤う伊右衛門
2003年 128分
監督:蜷川幸雄
出演:唐沢寿明、小雪、椎名桔平、香川照之、池内博之

心の底では激しくお互いを求めながらも、悲しい運命に引き裂かれる伊右衛門と岩。薄幸の美女・お岩さんで有名な古典「四谷怪談」を、人気作家・京極夏彦が大胆に再創造した純愛小説の映像化。演劇界で「世界のニナガワ」と呼ばれる蜷川幸雄が京極ワールドを描いた作品。

民谷家に婿入りした嗤わぬ浪人・境野伊右衛門(唐沢寿明)の妻・岩(小雪)は、疱瘡を患い右顔面が崩れてはいるが、卑屈さが一切無い凛とした女。結婚当初は様々な行き違いもあったが、2人は次第に深く愛し合うようになる。しかし、岩が発病する以前、彼女に袖にされた筆頭与力・伊東喜兵衛(椎名桔平)はそれが面白くない。そこで2人を巧みな奸計に陥れ、その仲を引き裂いてしまう。1年後、自分が身を引いたことで伊右衛門が幸せに暮らしていると信じていた岩は、彼が喜兵衛の愛人・梅(松尾玲央、現・不二子)とその子供を押しつけられ、不遇の暮らしを強いられていると知り愕然とする。そのことを知った岩を、喜兵衛は伊右衛門に斬るよう命じ、伊右衛門は上役の命に従い岩を斬る。そして、彼女との愛を貫く為に喜兵衛に復讐すると共に、岩の亡骸の隣で自らの命も絶つのだった。

世界の蜷川、監督4作目となる「嗤う伊右衛門」で濡れ場&ヌードを披露するのは、研音時代に不二子から一時的に改名した23歳・松尾玲央。顔は自分好みではないのですが、彼女の出演作を何作か見ていて、この「嗤う伊右衛門」の不二子が一番美しい。ツンと尖った乳首も美しく、まさに美乳。そんな彼女が椎名桔平に上半身を露わにされ、お白州でセックスします。さらに、ラストシーンで唐沢寿明に斬られる際、なぜか着物が切れて上半身ヌードに!? ヌードになる理由なんて無いのですが。そして、特殊メイクなのかCGなのか、右の胸から母乳があふれ出します。あふれ出る母乳を見せるためにヌードにしたのでしょうが、演出意図がイマイチ不明ですな。まぁ、キレイなおっぱいが見れたので良しとしますが(^^;。不二子のヌードは「」でたくさん拝めますが、ヌードシーンの少ないこちらの不二子の方をオススメします!

他には、池内博之演じる直助の妹・袖役の19歳・清水沙映も右乳房を披露。若侍数人に犯され、翌日の夜、ボロボロの姿となって家に戻ってくるシーンで、瑞々しい若さ溢れるおっぱいを見せてくれます(^^)。

ちなみに小雪は脱ぐことなく、唐沢寿明との濃厚キスシーンのみです。

蜷川幸雄といえば、1981年、自身2作目となる監督作「魔性の夏 四谷怪談より」。こちらも同じく四谷怪談を題材にした作品なんですが、萩原健一、関根恵子(現・高橋恵子)、夏目雅子森下愛子など、豪華出演陣。しかし蜷川幸雄の演出が特殊すぎて、なにやら理解できませんでした。ストーリーもイマイチでしたしね。それと比較すると、「嗤う伊右衛門」は格段の出来です。といっても、そんなに大した内容じゃありませんが(^^;。

 
記事検索
ギャラリー
  • 紅蜘蛛女 坂上香織
  • 紅蜘蛛女 坂上香織
  • 極道の妻たち 最後の戦い 森永奈緒美・高樹陽子
  • 極道の妻たち 最後の戦い 森永奈緒美・高樹陽子
  • 蒲田行進曲 松坂慶子
  • 新・仁義の墓場 有森成実
QRコード
QRコード





  • ライブドアブログ