エロスは甘き香り
1973年 日活株式会社 75分
監督:藤田敏八
脚本:大和屋 竺
出演:桃井かおり、伊佐山ひろ子、高橋長英、川村真樹、山谷初男、谷本 一、橘田良江

「エロスは甘き香り」検索結果・・・アマゾン駿河屋 ブックオフiconヤフオク

解説
情熱のエロスを斬新に描く藤田敏八監督が若い男女を密室に押し込んで彼らがそこで破滅するか、それとも脱却できるかをテーマに取り組んだ新感覚ポルノ。桃井かおり唯一のロマンポルノ作品。(パッケージより)

物語
自信喪失のフリーカメラマン浩一(高橋長英)と服飾デザイナーの卵悦子(桃井かおり)、漫画家志望の昭(谷本 一)とバーのホステス雪絵(伊佐山ひろ子)の四人が共同同棲生活を始めた。ある日、酔って帰ってきた雪絵を浩一が衝動的に抱いた。昭は、失望にやけっぱちで飲んだ酒のいきおいで悦子を抱いてしまった。次第に共同生活に嫌気がさす雪絵、四人の奇妙な生活は……(パッケージより)

俳優としても有名な藤田敏八監督のロマンポルノ3作目。男女四人の共同生活を通して、彼らのうっ屈した心情と歪んだ青春を描いた一篇。沢田研二主演「太陽を盗んだ男」の長谷川和彦監督が助監督に就いている。

濡れ場シーンが見られるのは、独特なアンニュイ感漂う喋り方が特徴の女優・桃井かおり、ロマンポルノから女優へと活躍の場を広げた和製ブリジット・バルドーこと伊佐山ひろ子(一番上の画像、左側の女性)。この公開時、桃井かおりは22歳、伊佐山ひろ子は21歳。濡れ場の相手は、共に高橋長英と谷本一。当時としてはかなり過激だったと思えますが、今となってはややソフトな絡みですな。それはさておき、桃井かおりのヌードが見れる、貴重な作品です!

最近の桃井かおりといえば、キャッシングローンのTVCM[「モビット」での竹中直人との共演。伊佐山ひろ子は……。ちなみに伊佐山ひろ子はタモリと遠い親戚。20年以上も前、「笑っていいとも」のテレフォンショッキングに出演した際、2人でそんな会話を交わしていたのが懐かしいですな。