濡れ場・官能・ベッドシーン

テレビや映画で活躍している女優・アイドル・歌手のヌードシーン、絡みのある濡れ場シーンが見れる映画・Vシネなどを紹介しています!

松坂慶子

蒲田行進曲 松坂慶子



蒲田行進曲
1982年 松竹株式会社 108分
監督:深作欣二
出演:松坂慶子、風間杜夫、平田満

映画の撮影所を舞台に、スターとその取り巻きである大部屋俳優の奇妙な関係、そしてその2人の間で揺れ動くかつての人気女優の姿を描く、第86回直木賞を受賞したつかこうへいの同名小説を深作欣二監督により映画化。脚本は原作者である、つかこうへい自身が執筆。

東映京都撮影所では、映画 「新撰組」の撮影真っ最中。主役の土方歳三を演じる“銀ちゃん”こと倉岡銀四郎(風間杜夫)は、敵役の坂本龍馬を演じる橘(原田大二郎)が自分より目立っているのが気に入らない。さらに、最大の見せ場である「池田屋の階段落ち」までもが、命の危険を伴う撮影のため中止になろうとしていた。そんなある日、大部屋俳優ヤス(平田満)のアパートに銀ちゃんが、彼の子供を身ごもった女優の小夏(松坂慶子)を連れて来る。スキャンダルを隠し、スターとして売り出すために身辺整理をしなくてはならないため、小夏と一緒になり、ヤスの子供として育ててくれと言うのだ。銀四郎の言いなりのヤスに心を開かない小夏だったが、やがてヤスの人柄に惹かれ、小夏はヤスと一緒になる。しかし、幸せな2人とは裏腹に、プライベートと仕事で行き詰まった銀四郎が失踪。必死になって銀四郎を見つけ出したヤスは、落胆しきっている銀四郎を励ますため、命にかかわる危険な「階段落ち」を志願するのだった……。

この映画で濡れ場&ヌードを披露するのは、日本を代表する実力派人気女優の30歳・松坂慶子。平田満のボロアパートで風間杜夫がスキャンダル隠しに松坂慶子を押し付けるシーンで、2人が平田満の前でセックスを披露! 松坂慶子のおっぱいは美乳といえる形ではありませんが、白くてキレイな肌を惜しげもなく晒す名美人女優・松坂慶子のヌードは見て損はありません!! スターの座にありながら作品のために脱ぐというのは、まさに女優の鑑! 実力の伴わない現在の人気女優も、女優とは何か、女優とはどうあるべきかを考えて欲しいものですな。そうそう、松坂慶子はヘアヌード写真集も出していましたな。
matu6

映画としては、日本アカデミー賞を始め、映画界の各賞を数多く受賞した大ヒット作で、風間杜夫、平田満を一気にメジャーに押し上げた作品なので面白くないわけがない! 笑いあり涙ありアクションありと、エンターテインメント性は抜群。濡れ場やヌードが無くても、非常に楽しめます。

この映画の豆知識は、名脇役として数多くの作品で活躍し た東映京都撮影所の大部屋悪役顔俳優・汐路章がヤスのモデルで、そんな汐路章も、大部屋俳優に仕事を差配する山田役で出演しています。また、松竹キネマ(現・松竹株式会社)蒲田撮影所の所歌である「蒲田行進曲」がタイトルであり主題歌でもある通り、元々は松竹の蒲田撮影所が舞台のお話。しかし、撮影は東映の京都撮影所なんですな。たまたま東映が断ったから松竹制作になりましたが、もし、東映が断らずに受けていたら、タイトルと主題歌は、一体どうなっていたんでしょう?

道頓堀川 松坂慶子・古館ゆき・紗貴めぐみ



道頓堀川
1982 松竹株式会社 121分
監督:深作欣二
出演:松坂慶子、真田広之、佐藤浩市、山崎努、古館ゆき、カルーセル麻紀、柄本明

「道頓堀川」検索結果・・・アマゾン駿河屋ブックオフiconヤフオク

道頓堀川を舞台に、父と子、男と女の葛藤を描く、宮本輝の同名小説の映画化。「道頓堀川」は、「泥の川」「蛍川」に続く“川三部作”の完結編といえる小説。

邦彦(真田広之)は道頓堀川沿いの喫茶店で働く美大生。ある日、道頓堀川に架かる大黒橋でまち子(松坂慶子)と出会い、数日後、偶然の再会を果たす。それ以降、2人はよく会うようになり、次第に愛をはぐぐみ始める……。

濡れ場を演じるのは、小料理屋のママ・30歳の松坂慶子と22歳・真田広之。大人の女の色香をまとった松坂慶子が、当時、JACのアクション俳優として人気の若手・真田広之をリードして絡みます! たわわな胸ではないので好き嫌いが分かれると思いますが(^^;、数々の名作で多くの濡れ場を演じてきた日本を代表する女優・松坂慶子のオールヌードは、抑えておいて損はないでしょう。

また、濡れ場は無いものの、真田広之演じる邦彦の高校3年時の同級生で、なぜかおかまバー(?)で働く踊り子・さとみ役、キレイ系24歳・古館ゆきが2回ヌードを披露。1回目は風邪で臥せっている時に22歳・佐藤浩市に寝巻きを破られ上半身をご開帳。2回目は、真田広之のバイト先の喫茶店で唐突にフルヌードとなってダンスを披露!! 原作どおりなのか映画オリジナルなのか、かなり突拍子なシーンですが、長い時間、オールヌードで躍り狂うため目の保養になります。松坂慶子同様、豊満なおっぱいではないので好き嫌いは分かれると思いますが(^^;。

そして、加賀まりこ演じるユキの少女時代を演じた紗貴めぐみも、短いながらセピア調の回想入浴シーンでおっぱいを見せてくれます! 自分としては、3人の中で彼女の裸が一番魅力的でしたな(笑)。

それにしてもラスト、カルーセル麻紀柄本明の争いに巻き込まれ、カルーセル麻紀に包丁で刺されて死んでしまう真田広之って……。これさえなければ普通の良い作品なんですが、ここだけ浮きまくり。この意味不明の展開で、折角の映画が台無しになりました。自分の理解力が足りないのか、2時間といった映画にまとめるため端折ったのか。

ともかく、この作品は複数の男と女、オカマを含む男と男、親と子といった人間関係が複雑に描かれ、とても2時間では描ききれないストーリー。映画ではなくテレビドラマとして映像化した方が良い作品だったと思いました。もし、再映像化されるならば、関西出身者でキャスティングして欲しいですな。ウソくさい大阪弁を聞くのが結構ツラかったです(笑)。

記事検索
ギャラリー
  • 紅蜘蛛女 坂上香織
  • 紅蜘蛛女 坂上香織
  • 極道の妻たち 最後の戦い 森永奈緒美・高樹陽子
  • 極道の妻たち 最後の戦い 森永奈緒美・高樹陽子
  • 蒲田行進曲 松坂慶子
  • 新・仁義の墓場 有森成実
QRコード
QRコード





  • ライブドアブログ