濡れ場・官能・ベッドシーン

テレビや映画で活躍している女優・アイドル・歌手のヌードシーン、絡みのある濡れ場シーンが見れる映画・Vシネなどを紹介しています!

樋口可南子

陽炎 樋口可南子・清水ひとみ・荻野目慶子



陽炎
1991 松竹株式会社 106分
監督:五社英雄
出演:樋口可南子、仲代達矢、かたせ梨乃、本木雅弘、荻野目慶子、白竜

「陽炎」検索結果・・・アマゾン駿河屋ブックオフiconヤフオク

昭和初期の熊本を舞台に、女胴師「不知火おりん」の活躍を描く任侠アクション。

舞台は、昭和3年の熊本・花街。「不知火おりん」こと女胴師りん(樋口可南子)は、依頼を受けて向かった先で、料亭「八雲」を切り盛りしているはずの弟・市太郎(本木雅弘)に会う。かつての故郷は宿敵・岩船一家(白竜)が牛耳る、色と欲に満ちた場所に変わり果てたと聞いたりんは、身寄りのないりんと弟を引き取り育ててくれた「八雲」の先代への恩返しのため、岩船一家を相手に死闘を繰り広げる……。

濡れ場、もしくは素敵な肌を晒してくれるのは、樋口可南子・清水ひとみ荻野目慶子の3人。

コピーライター・糸井重里の奥さんで、最近ではソフトバンクモバイルのお母さん役で有名な樋口可南子は当時33歳。濡れ場は無いものの、刺青を背負った背中を見せるために斜め後ろからのオールヌードを披露。乳首は見えませんが、乳房は堪能できます。また、壷振りの練習シーンでは上半身裸を披露。こちらは、た~っぷりとおっぱいを見せてくれてます。樋口可南子は、日本におけるヘアヌード解禁の第1号。ヘアヌード写真集の金字塔的作品「water fruit」の発表と同じ1991年公開の映画だけに、ちょっとは期待したのですが……。

濡れ場を見せてくれるのは、白竜演ずる大滝岩蔵とその愛人役、29歳の清水ひとみ。蚊帳の中でのセックスシーンで大絶叫! 情事後、カキ氷を顔にかけたり、白竜とのちょっとしたお遊びがカワイイ。OLからストリッパーに転向し、更に女優へと活躍の場を広げた素敵なプロポーションを堪能できます。

さらに、27歳の荻野目慶子も、26歳・本木雅弘との濡れ場で大きな喘ぎ声と共にご開帳! 着物からこぼれる白いたわわなおっぱいは本当に感動モノ(*^^*)。顔は好みじゃないけど、スタイルはマジで感動モノ! この年にヘアヌード写真集「white room」を発表したモックンが、それを揉みしだくのがうらやましい。そういえば荻野目慶子も翌年にヘアヌード写真集「SURRENDER」を発表していますな。
higu6 ogi4

ところで、樋口可南子と本木雅弘が姉弟というキャスティングは、この年に2人が篠山紀信撮影でヘアヌード写真集を出したことと関係があるのでしょうか? ヘアヌード写真集というくくりでキャスティングされたとしたら、実に洒落ている(笑)。それにしても、かたせ梨乃が出演しているというのに、そのヌードが拝めないなんて……(;_;)。

ちなみに、この映画の豆知識は、映画「学校の怪談」、ドラマ「3年B組金八先生 第6シリーズ」「オードリー」で有名な女優・岡本綾が、りんの少女時代役で9歳で映画デビューじていること。しかし残念なことに、岡本綾は2007年に引退(?)したらしい。

  

北斎漫画 田中裕子・樋口可南子



北斎漫画
1981 松竹株式会社 119分
監督:新藤兼人
出演:緒形拳、田中裕子、西田敏行、樋口可南子、フランキー堺

「北斎漫画」検索結果・・・アマゾン駿河屋ブックオフiconヤフオク

「富嶽三十六景」の他に「北斎漫画」で春画の大家としても知られる絵師・葛飾北斎と、娘・お栄の一生、刎頚の友・滝沢馬琴との交流を描く、矢代静一の同名戯曲の映画化。

鉄蔵(後の北斎/緒形拳)と娘のお栄(田中裕子)は、左七(後の滝沢馬琴/西田敏行)の家の居候。ある日、鉄蔵はお直(樋口可南子)という不思議な女に出会う。お直の魅力に取り憑かれた鉄蔵は、彼女を描くことで壁を破ろうとするがうまくいかない。その内、お直は行方知れずになってしまう。月日は流れ、左七は流行作家・滝沢馬琴に、その挿絵を描いた鉄蔵は葛飾北斎と名を変え、有名な絵師に。そして、北斎が八十九、お栄が七十、馬琴が八十二歳となったある日、お栄がお直と瓜二つの田舎娘(樋口可南子)を連れてきた……。

ヌード、または濡れ場を披露するのは、北斎の娘・お栄役の26歳・田中裕子と、謎の女・お直役の23歳・樋口可南子の2人。2人ともスレンダーなので、おっぱいもスレンダー。微乳好みにはオススメのヌードです!

ジュリー=沢田研二の奥さんである田中裕子は、子供の頃から老婆までという、かなり無茶な設定を頑張って演じ、子供の頃と老婆の頃にヌードを披露。老婆でのヌードシーンでは、特殊メイクで老け顔なのに身体は26歳という妙な違和感が(笑)。身体にも特殊メイクを施せば良かったのにと思うのですが……。もしかして、観客へのサービス?

コピーライター・糸井重里の奥さんで、現在はソフトバンクモバイルのCM・白戸家のお母さん役で知られる樋口可南子。日本におけるヘアヌード解禁の礎を築いた「ヘアヌード女優第1号」の彼女は、謎の女・お直と、十数年後、お直にそっくりな謎の田舎娘の2役で登場。役柄がヌードモデルなので、きちんと着物を着ているより裸でいる方が多いという、見る側にとってはうれしい役回り。しかも、モデルとしてヌードを披露するだけでなく、男とも絡むし、造りモノのタコとも絡む絡む。樋口可南子の裸体を思う存分、満喫できます! まったく興奮できませんが、出来が良いとはお世辞にも言えない張りぼての大ダコと樋口可南子の濡れ場シーンは、日本映画史上、類を見ないシーン。一見の価値ありです。

記事検索
ギャラリー
  • 紅蜘蛛女 坂上香織
  • 紅蜘蛛女 坂上香織
  • 極道の妻たち 最後の戦い 森永奈緒美・高樹陽子
  • 極道の妻たち 最後の戦い 森永奈緒美・高樹陽子
  • 蒲田行進曲 松坂慶子
  • 新・仁義の墓場 有森成実
QRコード
QRコード





  • ライブドアブログ