蘇える金狼
1979 角川映画 131分
監督:村川透
出演:松田優作、風吹ジュン、千葉真一、成田三樹夫、小池朝雄、佐藤慶、岩城滉一、加藤健一

「蘇える金狼」検索結果・・・アマゾン駿河屋ブックオフiconヤフオク

昼間は平凡なサラリーマン。しかし、会社を一歩出れば、身体を鍛え巨大資本乗っ取りを企む男に変身。そんな一匹狼の姿を描く大藪春彦の同名の小説の映画化。監督は「殺人遊戯」「最も危険な遊戯」「処刑遊戯」など、松田優作と多くの作品でコンビを組む村川透。音楽は、松田優作主演のテレビドラマ「探偵物語」と同じケーシー・ランキンSHOGUN)が担当。

29歳の朝倉哲也(松田優作)は、東和油脂本社経理課に勤める平凡でおとなしいサラリーマン。だが、それは表向きの姿で、会社の外では自らの野望を実現するため身体を鍛えていた。ある日、朝倉は銀行の現金輸送人を襲い1億円を奪うが、札のナンバーが登録されていて使えない。そこで朝倉の取った次なる行動は……。

この映画で濡れ場が見れるのは、成田三樹夫の愛人・京子役の27歳・風吹ジュンと30歳・松田優作。小悪魔的でアンニュイな演技がピカイチの女優・風吹ジュンの肉感的な身体は、便座での座位、ルームサービスを食べながらの後背位など、短いながらも大胆なファックシーンで一見の価値あり! ほんと、風吹ジュンは良いカラダをしています。

また、小池朝雄の愛人であり、千葉真一の愛人でもある牧役の26歳・結城しのぶと小池朝雄、千葉真一の濡れ場もあるのですが、残念ながら小池朝雄との時にチラッとしか乳首が見えません(泣)。シャワーを浴びながらの小池との絡み、もっと長かったら良かったのですが……。千葉真一との絡みは見る価値無し! ただでさえ長い映画なんですから、見せないのならば無くても良いシーンと思うのですが(笑)。

あと、濡れ場は無いものの、松田優作に上半身を脱がされ金網越しにおっぱいを露わに脅される24歳・吉岡ひとみがいます。吉岡ひとみは、「ロボット8ちゃん」で斎藤晴彦演ずるバラバラマンの部下・バラバラギャルの白鳥メイ、「宇宙刑事シャリバン」のドクターポルター役で特撮ファンには有名ですな。

余談ですが、松田優作の同僚役で岩城滉一加藤健一が出演。当時、チンピラや暴走族、良いとこの坊ちゃんだけどちょいワルといった役が多かった岩城滉一が真面目な役を演ずるのは珍しい。また、舞台がメインの加藤健一を映像作品で見られるのも珍しいですな。