SILK(シルク)
2007年 カナダ・イタリア・日本 109分
監督:フランソワ・ジラール
出演:マイケル・ピット、キーラ・ナイトレイ、役所広司、芦名星、中谷美紀

小説「海の上のピアニスト」で知られるアレッサンドロ・バリッコの3作目「絹」を映画化。東洋の文化と女性に触れた、ある西洋人の運命的な愛を描くラブ・ロマンス。「ラストデイズ」のマイケル・ピット、「パイレーツ・オブ・カリビアン」のキーラ・ナイトレイを軸に、日本からは役所広司中谷美紀國村隼などが参加。音楽は坂本龍一が手掛けている。

19世紀のフランス。戦地から故郷の村に戻ったエルヴェ(マイケル・ピット)は、美しいエレーヌ(キーラ・ナイトレイ)と出会い恋に落ち結婚する。村は製糸工場で栄えるが、原料となる蚕に疫病が発生してしまい危機に陥ってしまう。そこで、世界で最も美しい絹糸を吐く蚕の卵を手に入れるため、新婚のエルヴェが東の果ての国=日本へ旅立つ。長く危険な旅路の末、幕末の日本へたどり着いたエルヴェは、取引相手である原十兵衛(役所広司)の妻(芦名星)に心惹かれる。その想いは、蚕卵を手に入れてフランスに戻っても消えることは無かった。再び蚕卵が必要となり、再度、日本の土を踏むエルヴェ。そこでエルヴェは、十兵衛の妻も自分と同じ想いであることを知り、別れ際に付け文を渡される。その手紙を高級娼館のマダム・ブランシュ(中谷美紀)に訳してもらうと、「必ず戻ってきてください。さもなくば死にます」と書かれていた。エレーヌへの愛、そして十兵衛の妻への想いに日々悩み続けるエルヴェの元に、政情不安の日本の状況が知らされる。十兵衛の妻が無事か気が気でないエルヴェは、村のみんなを説き伏せ、命がけで三たび日本へ。しかし、十兵衛の妻には会えず、帰途、購入した蚕卵も孵化して全滅してしまう。失意の中、故郷の村に帰り着くエルヴェ。そんな彼をエレーヌは変わらぬ愛でやさしく迎え入れるが、エルヴェの心が晴れることはなかった。ある日、エルヴェのもとに「私のことは忘れてください」と日本語で書かれた手紙が届く。手紙により十兵衛の妻への想いを断ち切ったエルヴェは、エレーヌとの幸福な生活に戻る。だが、その幸せも、エレーヌの死によって終わりを迎えてしまう。再び落ち込むエルヴェだが、ある推論に思い至る。その考えを確かめるため、エルヴェはマダム・ブランシュを訪ねる。十兵衛の妻からの手紙は、実はエレーヌに頼まれて書いたものと認めるマダム。エレーヌは、すべてを理解した上で自分を愛してくれていた。エルヴェはエレーヌが、いかにかけがえのない存在であったかを悟るのであった……。

カナダ・イタリア・日本という3国合作の大作でヌードを披露するのは、「パイレーツ・オブ・カリビアン」のヒロイン、キーラ・ナイトレイ、テレビドラマ「ジュテーム~わたしはけもの」「猿ロック」の芦名星、映画「リアル鬼ごっこ」「nude」の渡辺奈緒子の3人。この内、フランソワ・ジラール監督に見出され、「日本の美の象徴」と絶賛された芦名星は、野天の温泉での上半身ヌードのみ。しかし、キーラ・ナイトレイと渡辺奈緒子は、うれしいことにマイケル・ピットと絡みます!

24歳の芦名星はスレンダーなカラダにふさわしい控え目な胸を、化粧っ気のない顔とともに温泉で堂々と見せてくれます。また脱いでいないのですが、唇のアップといった撮り方によって、お酒を飲むシーンとかでものすごく色気を感じます。芦名星の濡れ場を見てみたい! と思わせるフランソワ・ジラールのテクニックというか演出には脱帽。シルクドゥソレイユの「ZED」といった舞台ではなく、映画の監督をもっとして欲しいものです。

23歳の渡辺奈緒子は、役所広司演じる原側の接待なのでしょうか? 芦名星によってマイケル・ピットに差し出され、オールヌードでマイケル・ピットにご奉仕。その情事の障子越しで、本当は自分が愛し合いたかったと涙を流す芦名星。イマイチ理解できないシーンですが、渡辺奈緒子のハダカは本当に興奮モノです。キレイ系でキツめ、だけどちょっぴり可愛い顔は暗めの室内のためよく見えませんが、スレンダーながら出ているところは出て、くびれているところはくびれていて、まさにナイスバディ! ヘアも堂々と見せ、この時の経験が2010年、AV嬢のみひろ役を演じた「nude」に繋がったのでしょうかねぇ。

「パイレーツ・オブ・カリビアン」のヒロインで有名な22歳のキーラ・ナイトレイですが、こちらも薄暗い室内でのセックスということで、はっきりとは見えません。でも、良いスタイルであることは間違いありませんな。

映画としては、非常に台詞が少ないため、よくわかりません。特に日本側はほとんど発言しないため、登場人物の関係すら見えない。芦名星は役所広司の妻のような発言があるんですが、テロップでは「The girl(少女)」……。でも、映像は美しく、見ているだけで心安らぐほど。女性の撮り方もキレイだし。静かな映画が好きな人にはオススメです。

[PR]アダルトグッズ