濡れ場・官能・ベッドシーン

テレビや映画で活躍している女優・アイドル・歌手のヌードシーン、絡みのある濡れ場シーンが見れる映画・Vシネなどを紹介しています!

速水典子

夜汽車 十朱幸代・秋吉久美子・白都真理・新藤恵美・速水典子



夜汽車
1987年 東映 137分
監督:山下耕作
出演:十朱幸代、秋吉久美子、萩原健一、津川雅彦

1人の男を巡る姉妹2人の悲恋を中心に、3人を取り巻く周囲の人々の葛藤を描く、宮尾登美子の短篇小説「夜汽車」「岩伍覚え書」を基にして脚色された作品。

昭和10年、秋。母親の死がきっかけで高知一の料亭“山海楼"に売られた岡崎露子(十朱幸代)は、13歳の時に生き別れになった、たった1人の妹・里子(秋吉久美子)と16年ぶりの再会を果たす。里子の養育費を稼ぐため、芸妓として各地を転々としていたのだ。17歳の女学生に成長した里子と山海楼に腰を落ち着けた露子は、田村組の跡継ぎ・田村征彦(萩原健一)と愛し合うようになる。そんなある日、里子が結核に罹ってしまう。入院費用を稼ぐため、またもや各地を転々とする露子。そして3年後、露子が高知に戻って来ると、サナトリウムを退院した里子と征彦が男女の仲になっていた……。

陽暉楼」や「鬼龍院花子の生涯」といった大ヒット映画の原作者・宮尾登美子。その宮尾登美子の短編「夜汽車」「岩伍覚え書」を基にして作られた作品が、今作の「夜汽車」。

そんな作品で濡れ場を披露するのは、おそらく30~33歳であろうと思われる主人公・露子を演じる、45歳の十朱幸代。ショーケンこと萩原健一との絡みを見せてくれるんですが、年齢設定にかなりの無理が(笑)。しかし、妹役の秋吉久美子を始め脇を固める俳優も同様のため、途中から気にならなくなります。それにしても、45歳なのにキレイなカラダですな。設定は30歳ですが、熟女ヌード好きにオススメです! 濡れ場シーンが長いと、もっと良かったんですがね(^^;。あと、十朱幸代のパトロンとして南海銀行頭取・溝上昇役の津川雅彦が登場! 津川雅彦といえばネットリ系のイヤらしい濡れ場。これは! と期待したら、濡れ場がありませんでした(;_;)。アンビリーバボー!!

また、17~20歳くらいであろうと思われる十朱幸代の妹・里子を演じる33歳・秋吉久美子もヌードを見せてくれます。秋吉久美子はよく脱ぐしヘアヌード写真集も出版してるので、ショーケンとの濡れ場でもおっぱいを見せてくれると思ったら……無し(;_;)。萩原健一に処女を奪われるのに、おっぱいを見せないなんて……。しかし、お金に困った萩原健一のため、芸妓になってお金を作ろうと自分を売り込む際に色白のキレイなヌードを披露します。短いですが(^^;。

他に、十朱幸代と同じ山海楼の芸妓、お辰(新藤恵美)と花勇(白都真理)の姉妹も、2人揃って情婦をしている百鬼勇之助(遠藤太津朗)と3P濡れ場を披露! ボウリングを題材にして大ヒットしたテレビドラマ「美しきチャレンジャー」の主人公・新藤恵美は、この当時は38歳。熟女ヌードで大人の色気をた~っぷり見せてくれます。そして、ミス・ユニバース関東代表の妹・29歳の白都真理も、色白のキレイなおっぱいを見せてくれます。しかし残念ながら、こちらの濡れ場も短かめ。せっかくの3Pなのに……。その他、芸妓部屋における白都真理とむら咲の蔦江役の萬田久子とのケンカシーンも拍子抜けでした。着物を破ったり破られたり、脱がしたり脱がされたりが無いなんて……(;_;)。

しかし、それらを凌駕する素晴らしい濡れ場がありました! 百鬼一家の用心棒、梵天の信次(小林稔侍)と、その愛人・牡丹(速水典子)の濡れ場。28歳の速水典子がオールヌードで小林稔侍に跨ったり、立ったまま繋がったりと、この映画で一番過激なセックスシーンを披露!! この映画の見所といっても過言ではないでしょう。濡れ場シーン以外でも、この小林稔侍と速水典子の演技が一番輝いてました。この2人がいなければ、本当につまらない映画でしたな(^^;。

脱いでいませんが、白都真理のヘアヌードをば。
mari5

そうそう、少女の頃の露子を演じる坂本智恵美のヌードシーンもあります。児童ポルノ法が改正されたら、このシーンはカットされるのでしょうか?

  

ラブホテル 速水典子・志水李里子



ラブホテル
1985 日活株式会社 79分
監督:相米慎二
出演:速水典子、寺田農、志水李里子、益富信孝、中川梨絵、佐藤浩市、伊武雅刀、尾美としのり、萬田久子

「ラブホテル」検索結果・・・アマゾン駿河屋ブックオフiconヤフオク

キネマ旬報」で80年代を代表する監督の第1位に選ばれた相米慎二が、「台風クラブ」に続いて手掛けた唯一のロマンポルノ。
自分の会社が倒産、愛妻(志水李里子)まで借金取り立てヤクザの餌食にされてしまった村木(寺田)。彼はホテトルのおんな(速水)を道連れにしようとするものの、性具に悶える彼女の表情になぜか思い止まってしまう。2年後、タクシー運転手として再起した彼はあの夜の女とついに運命の再会をするのだったが…。
脚本は「死んでもいい」の石井隆。彼の永遠のモチーフ=村木と名美の世界を相米慎二は山口百恵の「夜へ」を緊張感漲る映像の中、効果的に挿入しつつ展開。花びらが石段に降り注ぎ子供が遊び戯れるラストも秀逸。(パッケージより)

2001年に53歳という若さで亡くなった相米慎二監督作品。非常にキビシイ演技指導で知られ、「相米節」と呼ばれる長回し演出が特徴。今作でもその「相米節」は遺憾なく発揮されている。主演は、最近、お見かけしないが、10年くらい前までは数々の映画・ドラマで名バイプレーヤーとして活躍した26歳の速水典子。対する相手役は、相米作品には必ずといって良いほど出演している俳優・寺田農

濡れ場シーンが見られるのは、速水典子と志水李里子。2人は当時43歳の寺田農と絡み、速水典子は益富信孝とも絡みます。益富とのシーンで、ソファーからベッドへキュッと締まったお尻をフリフリ移動する速水典子は、お尻フェチにはオススメ! また志水李里子は、冒頭でヤクザにバックから突かれる濡れ場も披露。良い声で喘いでいます(^^)。

ちなみに、ロマンポルノ作品ながら、佐藤浩市伊武雅刀尾美としのり萬田久子といった有名どころがチョイ役で出演しているのも見所です。

女教師 小松みゆき・小峰佳世



女教師
1994 日活 72分
監督:川崎善弘
出演:小松みゆき、宝井誠明、阿部雅彦、速水典子、小峰佳世

「女教師」検索結果・・・アマゾン駿河屋ブックオフヤフオク

黒川雄太(宝井誠明)は週末ごとに東京の予備校へ通う甲府の高校3年生。ある日、彼は甲府に戻る夜行列車の窓から、女教師・清水祥子(小松みゆき)の姿を見かける。ホームで名残惜しそうにキスする祥子。そこには教室で見せる毅然とした態度とは別の“女”の姿があった……。

見ただけで、ものすごくやわらかくて、触り心地・揉み心地が良さそうなおっぱいの小松みゆき。まさにQueen of 美乳! 小松みゆきのヌードは一見の価値あり! 小松みゆきのおっぱいを見ずして濡れ場は語れませんな。そんな彼女が、不倫相手の阿部雅彦、教え子の宝井誠明とソフトな、本当にソフトな濡れ場シーンを演じています。

また、グラビアやVシネで活躍し、ヘアヌード写真集も出している小峰佳世も、主人公の幼馴染役で出演。主人公に覗かれる中、彼氏との濡れ場シーンを披露しています。小松みゆきも小峰佳世くらいのファックシーンを見せてくれたら……。

この作品の発表当時、小松みゆきは23歳、小峰佳世は21歳。「ラブホテル」の速水典子もスナックのママ役で出演しているのですが、残念ながらヌードは拝めません。

  
記事検索
ギャラリー
  • 紅蜘蛛女 坂上香織
  • 紅蜘蛛女 坂上香織
  • 極道の妻たち 最後の戦い 森永奈緒美・高樹陽子
  • 極道の妻たち 最後の戦い 森永奈緒美・高樹陽子
  • 蒲田行進曲 松坂慶子
  • 新・仁義の墓場 有森成実
QRコード
QRコード





  • ライブドアブログ